50歳からの建築

50歳から通信制大学で建築を学びはじめた記録を綴ります

東京建築展めぐり〜2日目

ずいぶん間が開いてしまいましたが、東京建築展めぐりの続きです。 learning-architecture-over50.hateblo.jp 「建築からまちへ 1945-1970 戦後の都市へのまなざし」 湯島天神前にある文化庁 国立近現代建築資料館へ。 nama.bunka.go.jp 神戸市民おなじみの…

東京建築展めぐり〜1日目

東京で開催されている建築関連の展覧会を巡る1日目

卒業制作の優秀者はどんなソフトを使っているか調べてみた

先日、今年卒業した全国の建築系学部の学生の卒業制作のうち、優秀な作品を集めた本を買いました。 別冊「卒業制作」 | 近代建築社 以前、学割が効くソフトの紹介をしましたが、これから自分はどのようなソフトを使えばいいのだろうと思っていたところ、こ…

A3複合機を導入しました

授業の課題などでA3の資料をスキャンしたり印刷したりすることが多く、コンビニで印刷したり、A4を貼り合わせたりしていたのですが、ちょっと時間がもったいないなと思っていました。 卒業生の方にお話を伺った感じだと、自作をプレゼンしたりするのに、今後…

学割が効く建築関連製品・サービス

学生になると、覚悟はしていたものの、何かと物入りです。 ソフトウェア類を中心に、学生・教育機関対象の割引サービスを設定してくれている会社・製品があるのでまとめてみました。賢く利用したいですね。 情報は2018-08-04現在のものです。また、利用に当…

7月のまとめ

スクーリングを3回受けました。 立体表現2(06/30〜07/01) 建築模型製作の授業でした。ルイス・カーンのフィッシャー邸の100分の1模型製作が中心。 外壁の木材を表現するため、バルサ材を使うのですが、バルサ材はとても脆くて、細かい細工をするのが大変…

自宅学習の長期計画にはガントチャートを使おう

通信制大学で学んで卒業を目指すと言うことは、言ってみれば長丁場のプロジェクトを完遂するということです。 しかし実際のところ、入学した人のうち、卒業までこぎ着ける人は全体のそれほど多くを占めるわけではないそうです。 教員の方の話によると、挫折…